読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勤務体系はシフト制

フリーターが人生を逆転させるブログ(願望)

法律事務所に債務整理の相談に行った話

こんにちは、夕方です。

 

毎日毎日特に何事もなく過ごしていたわけですが、

ふとある時気付いた事があります。

 

『え、借金、重くない?』

 

とりあえず何に使ったかはもう忘れましたが、総額600万円くらい借金があります。

まあ半分くらいは奨学金ですので、僕としては借金としてカウントしてないんですが、

世間一般から見ると借金なので含めておきます。

 

後はまあなんか、だらしない生活を送っていたら出来た、

言わばクズ人間の慣れの果てみたいな、そんな感じです。

 

で僕もそろそろ人生を外れたレールから元に戻そうというわけで、とりあえずこの借金どうにかならんのか、という事で法律事務所に行ってきました。

 

相談内容

とりあえずまとめて来てくれと言われたのは

  • 借金の内訳
  • 自分名義の資産(家とか車とか)の有無
  • 月々の収入・支出

大まかにまとめればこの3つ。

要するにここからどうするのか、という事を決めていくそうです。

 

僕「とりあえずまとめて来ました」

弁護士「う~ん・・・(資料をめっちゃ見てる)、

    まあこれならば『任意整理』が妥当じゃないですかね」

僕「任意整理」

任意整理とは簡単に言うと「元金は返せるんだけど利息がなあ~」という「元金なら返せます」という約束事を相手方と結び、元金を原則3年で返していくという方法らしいです。借金総額がガッツリ減るわけではないですが、月々の返済は抑える事ができます。

弁護士「ちなみにこれはどういった目的でここまでの金額になってるのかな」

僕「いやあ、覚えてないですね」

弁護士「なるほど・・・ギャンブルですね

僕「よくわかりましたね」

弁護士「大体逸らかす人というのは、そういう人が多いんですよ」

僕「その洞察力すごいっすね

弁護士「自分名義の家もあるってことで、自己破産はちょっとやめといた方がいいかなあと思うんですよね」

僕「あー、でもぶっちゃけ面倒くさいんで家売ってもいいんですけど、実家ですけど僕都会に行くいいきっかけになるかなあと思うんすよね」

弁護士「いや、家族に迷惑がね・・・」

僕「まあそれもそうっすね」

 

弁護士「とりあえず任意整理の方向で進めていきます。依頼されるのであればこれらの書類に記入と捺印をお願いします(用紙6枚くらい出してくる)」

僕(うわ、多っ・・・)

 

そこからまあ色々な書類にサインやらハンコやらを押して数十分。

月々2万円程度の返済で行けるように調整してもらいました。

 

いやあ、大分負担が減った減った。

これならもっと早くに相談に来るべきでしたね、マジで。

 

というわけで、借金問題に頭を抱えてるそこの貴方!

相談するなら早めにいっとけ!

 

あと!

 

借金はすんな!!!めんどくせーぞ!!!

 

とりあえずは、地道に働きつつも生活を立て直す事を第一にいきましょう。